サービスチェーン

飲食チェーンのタイ進出支援

日タイビジネスマッチング

タイへのこだわり

タイ王国 基本データ

人口:65,729,098、(2016年2月)
面積:51万3,115K㎡
1人当たりのGDP:5,662.31米ドル(2016年10月)
首都:バンコク
民族:大多数がタイ族。その他、華僑、マレー族、山岳少数民族等。
言語:タイ語
宗教:仏教94%・イスラム教5%
政体:立憲君主制
元首:ワチラーロンコーン国王 (ラーマ10世王)(2016年10月即位)
議会:国家立法議会(220名)
首相:プラユット・ジャンオーチャー (Mr.Prayuth Chan-o-cha)

タイへの投資が減速しない主な理由

①インド・中国とも隣接した地政学的な好位置
②アセアン域内消費需要の増大
③経済回廊の十字路
④ミャンマーへの投資の先導役
⑤インドとのFTAの先進国
⑥アジア域内B to B貿易の激増
など、日本のみならず、ヨーロッパ諸国、中国、韓国、インドなど世界中の企業が
ASEANの要となるタイへの進出を加速させています。

事業内容

弊社では小売店や飲食店などのサービス業のタイ進出を専門に、市場調査、日タイパートナー仲介、会社設立、物件取得、ワークバーミットの取得、人材の確保、取引業者調査、内外装工事、販売促進、ファイナンスなどのオープンまでのサポートから、月々の会計税務・社会保険の管理などオープン後のサポートまでフルパッケージでコンサルティングサポートいたします。

    • 進出業態のタイのマーケットをリサーチし、出店場所、価格設定、販売促進などにアドバイスさせていただきます。業種業態にあわせた視察団、視察ツアーもご相談ください。

    市場調査

    • 外資規制のあるタイでは外国資本・タイ資本の出資比率・資本金、ワークパーミット取得人数に伴う諸条件などを踏まえ適切にアドバイスし、会社設立のサポートをいたします。

    会社設立

    • 小売店、飲食店などサービス業を中心に、日本企業とタイ企業のパートナーマッチングのサポートをいたします。

    日タイパートナー仲介

    • 本社と店舗が異なる場合など、ワークパーミットの種類や取得方法が異なるケースがあります。クライアントの出店計画にあわせた取得のサポートをいたします。

    就労ビザ

    • クライアントのビジネスがタイで問題なく行えるよう各種許認可・ライセンスの申請をサポートいたします。

    営業許認可

    • 2012年の最低賃金値上げ以降、特に日本語の出来る人材、日本料理の出来る人材の賃金が高騰しています。クライアントの方針にあった採用計画の策定や採用活動のサポートをいたします。

    人材の確保

    • 業種業態によって、取引業者も異なります。御社の方針に沿った取引業者選定のサポートをいたします。

    内外装業者の調査

    • 飽和状態にある飲食店。バンコク市内の日本人数は100,000人とも120,000人ともいわれておりますが、日本人だけをターゲットにしていては既に頭打ち状態となっております。 弊社ではタイ人顧客への浸透を考えた販売促進・宣伝広告計画の策定サポートをいたします。

    販売促進・宣伝広告

    • 提携金融機関などによるタイ進出時のファイナンス・リースのサポートをいたします。(日本本社での与信が必要となります。)

    ファイナンス・リース

    • 日本からの応援スタッフが指導に来ても、日本語通訳者が足らず、タイ人従業員に指導しきれず、結局、混乱をきたしたということがあります。オープン前後に集中して日本語通訳可能な人材を投入するなど大切なオープン日をしっかりサポートいたします。また、タイ人への認知を促進するため、オープン時のタイ人タレントの来店や人気ブロガーなどの取材も手配もいたします。

    オープン時のサポート

    • 日本人経営者による提携会計会社をご紹介しております。月々の会計・税務・社会保険が11,000バーツ~とコストパフォーマンスも高いです。

    会計・税務・社会保険

    • 商業施設や路面店、ロードサイド店の出店など、物件取得に注力いたします。特に飲食店の場合、人気の商業施設への出店にはトップマネジメントへの試食プレゼンなどを伴うケースがありますが、相手に伝わるタイ語での提案書の作成はもちろん、プレゼンテーション、試食プレゼンなどしっかりサポートいたします。また、家賃の発生日や敷金、契約期間の設定など賃貸契約に関する細部の交渉もサポートいたします。

    物件取得

トピックス